08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ダメ計しないポケモン勢

昔は遊戯王やっていたXYからのシングルレート63ガチ勢

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2014

09/21

Sun.

第12回キツネの社mf使用構築 ゲンガーサイクル 

本日は就職の書類選考落ちたのを今朝知り、悲しみに暮れながら第12回キツネの社mfのオフ会に参加してきました。

結果としては予選7-2の18位で予選抜けからの決勝トナメ1落ちでした。優勝したじるポケさんに負けました。


んで今回使った構築はこんな感じになります。経緯とかは後述します。


PT名 ゲンガーサイクル

ゲンガー 臆病HS 石

たたりめ
鬼火
ヘドロ爆弾
道連れ


ポリゴン2 図太いHBベース 奇跡

めざめるパワー地面
イカサマ
自己再生
電磁波


グライオン 腕白HBベース 毒々玉

地震
ハサミギロチン
守る
身代わり


クレッフィ 穏やかHDベース 食べ残し

イカサマ
電磁波
身代わり
威張る


マリルリ 意地っ張りHAベース オボン

腹太鼓
じゃれつく
滝登り
アクジェ


フーディン 臆病CS 石

サイコキネシス
守る
アンコール
金縛り



まず構築経緯からゲンガーを軸にPT組もうと考えて周りをどうするか考えたときにマリゲンポリ2・グライクレッフィゲンガーの組み合わせが思い浮かんだんでこれ全部突っ込んだら相性保管もいいし技のかみ合いも取れていていいのでは?というところからゲンガー含めた5匹が決まりラス1の枠をどうするか考えたときにゲンガーきついなと思いゲンガー頭から安定して叩けてマリルリの起点を作ることが可能であり起点構築に強そうという理由から最後の枠にフーディンを採用しました。

次にポリゴン2の技にめざぱ地面が採用されているのには理由があってこのPTよくヒードラン キリキザン クチートを呼ぶと踏んでいたのでめざぱ地面を入れて打点を取れるようにしようという理由でめざぱ地面の採用を決意しました。実際めざぱ地面で困ったこともありましたが、クチート・キリキザン2体を葬る活躍をしてくれたのでまあよかったのかなと思いました。

あと個人的な考え+意見として威張る・一撃必殺技という技は本当はかなり嫌いな技の一つなんですがオフ会ではレートのように「無理なやつ踏みました。負けました。」という1敗が決勝トナメ行けるかどうかにものすごく関わってくることを先月シングル厨出たときに痛感し、その1敗を有利・五分にとは言わずともどうにかしてごまかせないか?と考えた結果グライオンのハサミギロチン・クレッフィの威張るは泣く泣く採用しました。グライオンのギロチンでキノガッサ・カバルドン・ハッサムを殺害しクレッフィでライコウ・霊ボルトを威張り倒してくれました。


一応今回全10試合やっての選出回数及び基本選出について

ゲンガー 9回
ポリ2  9回
クレッフィ 6回
グライオン 5回
マリルリ 3回
フーディン 1回

基本選出

その1 ゲンガー+ポリ2+クレッフィ
→ゲンガーorクレッフィの対面で有利を取りやすくサイクル回す過程で自分に負担がかかりにくいと判断した選出

その2 ゲンガー+ポリ2+グライオン
→ゲンガーorグライオンの対面で有利を取りやすくサイクル回す過程で自分に負担がかかりにくいと判断した時の選出

その3 ポリ2+グライオン+クレッフィ
→クレッフィorグライオンの対面で有利を撮りやすくサイクル回す過程で自分に負担がかかりにくいと判断した時の選出

その4 ゲンガー+グライオン+クレッフィ
→3体全員で対面有利が取りやすいorごまかさないときついのが多い場合の選出

その5 ゲンガー+ポリ2+マリルリ
→普通にサイクル戦して不利にならないと判断した場合・相手のバシャーモがきつい場合に使うことが多いパターン

その6 ゲンガー+フーディン+マリルリ
→ごまかすのも困難。だけどマリルリで腹太鼓詰めれば全抜きできると判断した場合のみの相当特殊な選出。基本やらない方向で考える。

その7 フーディン+ポリ2+グライオン
→こだわり持ちが多い・とんぼ持ちがいない場合の選出。ほとんど使わない。

構築とかについてはこんなかんじですかね。フーディンがサンダー・ライボルト・デンリュウとかのほうが回しやすいかなと考えましたがシングル厨のときに直前で変えたことでボロ負けした経験があったため自分のやってきた調整で行こうとフーディンのまま行きましたが結果的にはゲンガーの選出を渋らせることができたのでそう言う意味ではよかったかなと思いました。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 00:02 [edit]

category: ポケモン

Page top△

2014

09/07

Sun.

今シーズンのPT(受けループ) 

最後更新したのがメガサーナイト軸のサイクルPで投稿したときかな?相当書いていませんでしたw まあいい構築も全然思い浮かばずレートも全然上がらずでひたすら瞑想し続けたシーズン5だったのでしょうがないのかなと思います。

今シーズンもあと1日ありますがどうしても2100はおろか2000維持すらできないくらい勝てないので今シーズンはここで潮時かなと思い、今シーズン最高レートを出してくれたPT書いて終わりにしようと思いました。

ちなみに今シーズンは最高2028でシーズン2から潜り始めた身として2021→2066→2080→2028と来ているので非常によろしくない結果だと思っております。


ライボルト 石 臆病HCS調整

ボルトチェンジ
10万ボルト
火炎放射
めざぱ氷



フシギバナ 石 穏やかHD

ヘドロ爆弾
めざぱ炎
やどりぎの種
光合成


グライオン 毒々玉 腕白HB

地震
ハサミギロチン
守る
身代わり


スイクン カゴの実 図太いHB(一時ローブシン)

熱湯
眠る
瞑想
吠える


クレセリア ゴツメ 図太いHB

ムーンフォース
月の光
電磁波
毒々(一時みかづきの舞)


ハピナス 抜け殻 図太いBD

電磁波
卵産み
地球投げ
シャドーボール


このPTの努力値がぶっぱばかりなのはこのPTを組もうと思って調整したのではなくたまたま手元にあった寄せ集めの集団かき集めて作ったからこのようになっています。ほんとうはスイクン・グライ・バナあたりは要調整したほうがいいと思っています。^^

このPTは見ていただければわかると思いますがただの受けループです。一応あんま必要ないかもしれませんが個別解説。

ライボルト

有名な威嚇込みでガブの地震耐える調整のやつです。ボルチェンでサイクル回しつつ最後のお掃除が主な仕事。とりあえず相手にガブガルーラいるときは基本出します。


フシギバナ

相手のPTにマリルリ・ライコウがいるとき・クレセリアが出せない相手でマンムー居る相手に主に出します。特にマリルリがいるときはほぼ出します。クレセリア・スイクンではどうしても腹太鼓の起点になるので腹太鼓積まれても後出しから狩れるため入れてます。最速マリルリ?事故事故^^ 壁構築相手も時間稼ぎをしやすいのも採用の一つ


グライオン

TODの代名詞の一角。基本はTODしか勝ち筋が見いだせない相手やどうしてもPT単位で重いやつを強引に突破するためのモンスター。主にギルガルド・バシャ・バンギ・ナットレイ・フシギバナ・キノガッサ・ヘラクロスがいるときに出します。
HBなのは単にあんまり抜きたい相手がいないのとHBにしっかり振らないと耐久足りないことが多かったためです。Hは絶対177か181とかにしたほうがいい。※全く考えないで育成していたやつの残骸採用しているためH182という無駄な調整になってました。


スイクン

ここがローブシンだった時期もあるが途中からスイクン固定になりました。主に起点構築の対策とアロー・バシャ・ポリゴン2にどうしてもPT的に薄かったため入れました。技については有利対面から積んで全抜きが基本グライオンがどうしても出せない時のギルガルド対策枠 あとは対ゲンガー相手も瞑想で積みの起点にしたりもできるためハピナス出せない時のゲンガー対策枠


ハピナス

ラッキーでない理由としてはメガゲンガーやヒードランのマグストに捕まるとそのまま狩られる恐れがあるため。技に関しては毒々も欲しい場面が多いけどシャドーボール入れないとゲンガーの身代わりとか壊せず周りに負担がかかって負けることがあったため採用。電磁波は主にスイクンの起点作る時間稼ぎやグライのTOD仕掛けやすくするための布石と相手より先を取れるようにすることで卵産み等の回復のタイミングを選びやすくしたかったため。地球なげはノイクンや毒守ドランに起点にされないようにするための技。BD振りなことについてはCに振ってもこれといった仮想敵がいなく、唯一の特殊技のシャドボもゲンガーにしかほぼ打たないのでCに振る必要性薄いなと感じました。少しでもあと出し性能あげようと思ってのBD振りでした。BS振りとかもいいかなって思うことはありました。


クレセリア

攻撃技がムンフォのみなのはメガギャラがどうしても重く身代わりや挑発されても負けないようにしたかったのとガブ・サザン等のドラゴンにも打点が持てるのがムンフォ採用の理由で電磁波・毒々どちらか切ることも考えましたがガルーラ・バシャーモには電磁波・ポリ2・サンダーには毒々を入れたいなどどうしてもPT的な都合で外せなかったため両立させました。ムンフォのみで困ったこともありましたがムンフォをキネシスやれいとうビームにしていたときより使いたい盤面が多かったのでこれはこれで良かったと思っています。

鋼もフェアリーもいないためドラゴンの通りが非常に良かったのですがサザンはハピナスでガブはクレセリア・ライボルトでごまかすことがおおかったです。


構築に関しては以上です。シーズン5はチョッキエンテイの急増や今までもじゅうぶん多かったがメガガルーラが今まで以上に増えたためメガサーナイトほとんど使っていませんでしたがシーズン6やオフ会では使いたいなと考えています。メガサナ軸のPTは一応考えてはあるので使っていきたいところです。
-- 続きを読む --

Posted on 22:03 [edit]

category: ポケモン

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。