04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ダメ計しないポケモン勢

昔は遊戯王やっていたXYからのシングルレート63ガチ勢

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2015

05/31

Sun.

選出やプレイング云々について思うこと 

自分がポケモンやっている中で考えていることを忘れないように書いておこうと思ったので書きます。自分がスランプに陥ったり伸び悩んだ時に過去にこういう試合をしたという経験を見直すためでもあります。※書いている本人が2100くらいしかレート行っていないので考え方が甘い・プレイング自体下手・粗いといった点はご了承ください。あと誤字や下手くそな文章構成などもお許し下さい


◆選出・プレイングについて

6匹から3匹選出する過程で自分が気をつけていること

1  自分と相手のPTを見て自分がどの程度有利か不利か?

2  相手のPTがどんなPTか?(受け回し主体・積みサイクル・対面構築・その他構築上の目的)

3  自分が不利な場合・有利な場合の試合展開・やらないといけないこと・やってはいけないことの整理

4  相手の型・持ち物・めざめるパワーの判別


主にここらへんを考えて選出を決めています。ここからは例えばの話※実体験

自分  ガブリアスAS陽気剣舞タスキ ヘラクロス意地AS クレセリア図太いHBゴツメ ヒードランHS臆病残飯毒 化身ボルトHB図太いオボン あと1匹忘れました><


相手  ボーマンダ ニンフィア 水ロトム キノガッサ ギルガルド カバルドン

のマッチングだとしたとき。起点作って積んでくる要因がボーマンダ・ギルガルド・ニンフィアで起点作れそうなのがキノガッサ・カバルドン・水ロトムだと感じました。ただこのPT見たときボーマンダ・ニンフィア・ギルガルドで積んで全抜きを狙うのは難しい※主にレート環境的にHB化身ボルトがとても多く電磁波やボルトチェンジで回されて積んでも負荷をかけにくい・HBスイクンが全抜きする過程であまりにもやっかいと判断。受けまわしの観点で見たときB方面強いカバにD方面強く負荷かけやすいニンフィアといる・耐久数値が結構高いギルガルドといるため。毒羽根マンダ・カゴHBニンフ(ドラゴンが重いように見えたため)・こだわり水ロトム(積み起点なら壁も考えられるが受けループへの崩し・こだわり技固定からの強引な起点作成を踏まえて)・タスキキノガッサ(単純に対面強く、なにかとごまかしがきくと判断)・ギルガルド剣舞物理型か毒みだと思うがただPT単位でカゴニンフとかがきつそうなので剣舞物理型予想)・カバルドンはHBゴツメと予想。単純にガルーラがゲロ重いため。
PT相性的には2:8くらいの割合で不利だと判断

自分のPT的にHBニンフには誰も対面勝てる奴がいません。勝つ方法があるとしたらタスキを盾にガブで剣舞地震で削ってヘラあたりで殴り殺すしか勝てる方法がありませんでした。そして初手にニンフが非常に出しやすく来た場合ガブリアスの後出しはもちろんニンフィアがめざぱ地面持ちの場合完封されてしまう可能性が高いことを考えて先頭はガブ・ニンフを削り切るのとガッサ・水ロトムに強く出やすくカバも2発で殺せるヘラクロス・この2匹では不安なボーマンダとカバに熱くするための草結び覚えさせているHB化身ボルトで行きました。

初手ガブ対ボーマンダから始まる。ボーマンダ目線だとガブが鉢巻なら威嚇込みでも落されることと自分の勝ち筋が剣舞をガブのタスキを残すか相手の交換読みに合わせるしかほぼいるであろうHBニンフを倒せないと判断しているのとここで剣舞してカバが出てきたときどうしてもマンダの威嚇と合わせてガブに逆鱗をうたされる・ニンフ出てきてガブの逆鱗継続してハイボくらって死んで負けが目に見えているのとガブに威嚇も入っていることからニンフに引いてくる可能性も考慮して拘りアピールするための地震選択。ボーマンダはメガ身代わりしてきました。

予想通り毒羽根でした。

ここで逆鱗や岩石封じ撃てば拘りアピールの意味がなくなるので即ボルトロスに引く。ここはガブを切ってくる可能性・こちらのボルトロスを削ってマンダを動かしやすくするため捨て身を打ってくると思ったため引く。

ボーマンダは捨て身をしてきました。

ここでの相手のアクションははねやすめをしてもめざ氷で身代わり割られて択が入るのとボルトロスを削ることを考えて動くならここは毒々か捨て身でボルトを削ってくるのとガブがボルチェンからボーマンダの前に出てきても拘りだと思われているため相手からすれば岩技か逆鱗が読みやすい盤面になると思ったのでボルチェン選択

相手のボーマンダに毒々入れられるもボルチェンで身代わり破壊しつつガブリアス出す。


ここで先ほど拘りアピールしているためボーマンダは逆鱗か岩技読みでニンフに引いてくるだろうと思い剣舞選択。


相手ボーマンダ引きからのニンフ出てくる。剣舞積むことに成功。


ここは流石にボーマンダが出てくることはないためガブ地震選択。


ニンフ赤ゲージにしハイパーボイスをタスキを使って耐える。


ここでボーマンダが万に一つ出てこられると非常に困るので岩石封じででニンフ処理。ボーマンダ出てきてガブを残すこと考えるがボルトロスの消耗抑えないとマンダに電磁波当ててヘラで殺すプランに支障が出ると考えたためガブを切る。ボルトロスを出す。


裏に引かれることも考えたがもし居座られて捨て身でも喰らうようなら負けだと思ったため電磁波を選択。


ボーマンダ麻痺に成功。ボーマンダ麻痺する。ここはさっさとマンダ殺しに行ってラス1電磁波でいいだろうと考えてめざぱ氷したらガッサ出てきてポイヒだった。めざ氷が6割くらい入ったのとこっちのボルトが最速ガッサは抜けるようにしてあるためめざ氷選択、ボーマンダ出てきて直撃して勝ちました。


なんとかきついなか勝てたがニンフをす眠りまでヒードランで追い込むとか方法は色々とあったかもしれないが万に一つのめざぱ地面がちらついてそれができなかった。この内容だけ見るとちょいちょい相手に甘えたプレイングをしているが正直相手の見方の面について甘える位しかなかったと思う。


長々と書きましたが自分はこの試合を通してゲームプランや相手の型を読む力はほんとうに重要だなって再認識しました。またなんかこのような自分の大戦で為になりそう・記録として残しておきたい試合があればその時どのように考えてこのような行動したかを書き留めたいと思いました。















-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 19:13 [edit]

category: ポケモン

Page top△

2015

05/21

Thu.

偽装バンギランドルカアロー 

最近無駄に更新のモチベーションがあるので結果出したの有無関係なく記事を書いてしまいました。

バンギランドルカアローを偽装できたら面白そうじゃね?とか思って考えたPTです。正直マンムー重すぎるんで絶対どこかにスイクンあたり入れるの推奨構築でした。多分抜くならバンギ。あとスイクンもうざい。


簡易PT紹介

バンギラス 陽気AS 石   エッジ 地震 身代わり 龍舞

ルカリオ 陽気AS 石  インファ 冷凍パンチ バレパン 地震

ランドロス 意地HBS チョッキ  地震 叩き落す とんぼ返り 岩石封じ

ファイアロー 慎重HDS ラム   ブレバ はねやすめ 鬼火 挑発

ギルガルド 臆病HS 残飯  シャドボ 身代わり キンシ 毒々

ジャローダ 臆病HS ゴツメ  リフスト 蛇睨み 光合成 リフレクター


実際ギルガルド ジャローダ アロー ランドでのサイクル戦が多かった。たまにルカリオが入り込んでくるくらいでバンギはほぼ置物でした。ただPT自体は結構面白みがあったのでまた気が向いたらねってみたい。

Posted on 20:39 [edit]

category: ポケモン

Page top△

2015

05/19

Tue.

トノルンパ 

ORASシングルレートS9の時にサブロムで遊んでいて時間なかったからレート2000載せるだけ載せて終わりでS10始まった時も50試合くらいサブロムで使って遊んでいた構築です。そろそろ違うPT使いたくてお別れをしようと思ったので書くだけ書きました。※画像はめんどくさかった+特別なにかしたわけではないので簡単に書きました。


ニョロトノ 控えめHC メガネ  なみのり れいとうビーム 気合玉 ハイパーボイス

ルンパッパ 控えめHCS 珠  Sは実数値105・Cぶっぱ・残りH  ドロポン れいとうビーム エナジーボール 雨乞い

ヘラクロス 意地AS 石  インファ ミサイルばり ロクブラ 剣舞 

ガブリアス 陽気AS タスキ  逆鱗 地震 岩石封じ 剣舞

ヒードラン 臆病HS 残飯  マグスト 毒々 大地の力 身代わり

クレセリア 図太いHB ゴツメ  サイキネ 月の光 みかづき 電磁波


ヒードランはよくアローに対して出すことが多かったのでHSベースの図太い個体とかの方がよかったかも。ヘあとマグスト採用理由は単に雨軍団orヘラを有利対面から確実に出したいからと大地の力はヘラ・クレセ・ドラン選出時の相手のヒードランが重いのをケアしたかったためやむなく入れた感じ。ヘラの剣舞は受けループ対策+スイクンやカバを強引に1キルしたいときにとても強かったが対ギルガルド意識で地震も欲しかった。

PTの都合上よくボーマンダを呼ぶため初手クレセから入りマンダ後ろに引かせて雨展開とかもよくやっていた。トノ・クレセ出すときは展開の仕方をよく考えないとすぐ乙ります。

クレセに月の光入れているのは雨展開しない時の受け性能を重視したため。ルンパに雨乞い仕込んでいるのはスイクンなどの有利対面を作る機会がそこそこありそういうときに雨乞いできるだけでも強かった。トノにドロポンを入れていないのは単に昔の個体流用したためドロポン覚えさせていなかっただけ。ハイパーボイスはやかましいエルフーンに対してとても強い。※なみのりとドロポンでは乱数変わる奴がいるHSメガゲン・ガブ・メガガルーラ等いるからほんとはドロポン推奨

PT自体遊び用に組んだにすぎないため流用個体とか特別な調整を施したとかいうのはほとんどないけどそれなりに可能性は感じたのでもしそのうち気が向いたらまた考えてみたいと思います。

Posted on 00:10 [edit]

category: ポケモン

Page top△

2015

05/12

Tue.

ORASシーズン9 2100超え(最高・最終2112・54位) ボーマンダ入り受けループ? 

ORASシーズン9の最終日に使いなんとかレート2100超えできた構築です。正直今シーズンは過疎っていてほんとレートが上がらずシーズン終わり3日前くらいにようやくレート2000行くくらいでもう無理かと思ったけどPTをこれに替えたらなんとか行けてよかったです。

受けループと呼んでいいのか怪しいところではありますが自分は受けループのつもりでいるので受けループということでお願いします(笑

以下PT紹介

無題213



ボーマンダ 石 陽気ASぶっぱH4振り  捨て身タックル 龍の舞 はねやすめ 身代わり
yjimage51L8N9A1.jpg

リザードン・ヘラ・ジャロに強く耐久力の高い回復技持ちであり、このPTの主役。毒羽根ではなく龍の舞を入れている理由はスイクンやニンフをす眠りに追い込んで逆に起点にできたりするのとなによりPT的に受けループに見えるので読まれにくい結構機能する場面は多かった。耐久ほぼ降っていないのに物理に関してはHBサンダーに近い耐久があり便利でした。取り敢えず舞わずともジャロやゲンガーの上を取れるようにするメリットがでかすぎて最速しかありえないと思っている


ゲンガー 石 臆病HSぶっぱC4振り  祟り目 鬼火 ヘドロ爆弾 道連れ
yjimageB1QW3WQI.jpg

ガルーラに出しやすく、なにかとめんどくさい奴を葬りさる枠。マンダと同じくらい選出した。


ラッキー 奇跡図太いBぶっぱC67残りD(サイキネでH252メガゲンの身代わり確定破壊調整)地球投げ サイキネ 電磁波 卵うみyjimage11.jpg

PT単位でゲンガーをすごい呼ぶのでメガゲンになにもできないのだけは避けたくてサイキネ入れました。とにかく硬い特殊受け。ガモス等のごまかしなども仕事。


カバルドン ゴツメ腕白HBぶっぱ残りD 地震 ステロ あくび なまける
yjimageUCOPPBNI.jpg

メガバシャ・ガルーラ・ガブなどの物理にとにかく強く起点にもされにくいモンスターと思い採用。ガルーラ入りのPTと戦う時はゲンガーかカバのどちらかは出していた。


ナットレイ 腕白残飯HぶっぱB194・S42・残りD パワーウイップ 宿り木 電磁波 ステロ
yjimagePTI48GT2.jpg

スイクン・マンムー・ランドロス・ライコウ・クレセリアあたりを意識しての採用。たまーにマンダと組み合わせてガルーラの受け先として使用することもありました。選出率自体は一番低い。


スイクン 図太いカゴH205・B184・残りS  熱湯 眠る れいとうビーム 
yjimageYRWFLJYJ.jpg
両刀バシャ・ドラゴンタイプ・受けループ・ヒードラン・クレセリア意識での採用。


スイクンとナットレイの調整理由は忘れましたが(笑)メンツはこんな感じです。


主な選出  

ラッキー+カバ+マンダorゲンガー

耐久硬い2匹で回しつつマンダで負荷かけるかゲンガーで処理していくパターン。スイクン・ニンフあたりがいるときはラッキーです眠りまで追い込んでマンダの捨て身で処刑。霊ボルトをごまかしたいときはラッキー・ゲンガー選出。ウルガは基本マンダ・ラッキーで


ラッキー+スイクン+マンダorゲンガー
カバが出せない時の物理受けを入れた選出。バシャに重くしたい時はマンダをガルーラに重くしたい時はゲンガーを出していく。

スイクン+カバorナット+マンダ

受けまわしもでき、カバのステロ・あくびorナットのステロ・電磁波での起点からマンダで舞うorスイクンの瞑想で全抜きとかするたまーにする選出。


スイクン+ナット+マンダ

ラッキーが出しにくく電気の通りを悪くしたいときの選出。あんまりしない。


スイクン+カバ+ラッキー+ナットから3匹

完全受け回す気マンマン選出。


【雑感】このボーマンダ入り受けループ?を作ろうと思ったのはフォロワーの方との話でボーマンダ入り受けループ強くね?って話から始まりそこからどうしていくか考えたとき受けループの欠点は6匹中とあるモンスターに対して1匹でしか
見れないPTと当たった時上手い人はそこを狙って崩してきて負けるというのを純正受けループを使っていた時にすごい感じました。そこでなるべく受けループを使う上でどうしてもめんどくさい(選出が縛られる的な意味で)バシャーモ・ガルーラに対して2匹以上強いモンスターを入れることにしました。2匹以上入れることで片方が出せない時もう片方で対応すればいい・どちらを出してくるか的を絞りにくくすることにして相手からこちらの選出を絞りにくくする形をとりました。
実際ガルーラ入りのPTにはほとんど負けませんでした。
マンダを構築に組み込もうと思ったのはねむカゴ系をす眠りに追い込めればこいつで掃除できるのとなにより特性なしでもメガしてれば耐久ふらなくても物理面なら下手な物理受けより耐久があるのとごまかせる範囲が格段に広がると思ったからです。

このPTを使うときどういうゲームプランを取るのが正解か考えて選出していました。
※基本受けループとしての動きをするがステロ巻いてサイクル回させて削る流れを取るか電磁波巻いて取り敢えず盤面を有利にしていくか積み技で積んで抜いていくかゲンガーorマンダでどうやって負荷かけていくか等基本受けループなんだけど起点構築や普通のサイクルPTみたいな動きもできるため

正直自己記録は更新したけどこのPTjなら2150もしくはそれ以上行けるかも・・・と内心思っていたのに明日の仕事には勝てず自己記録更新して終了しました。来期こそは2150・2200いけたらなって思います。


長々と読みにくい文章で申し訳ないですが以上で終わります。誤字は許してください><
-- 続きを読む --

Posted on 20:31 [edit]

category: ポケモン

Page top△

2015

05/06

Wed.

さいはてオフ使用構築 ガルーラクレセドランwithヌメルゴン 

5月5日に行われたさいはてオフに使用した構築で戦績は6-4の予選落ちの情けない構築ですがせっかく使ったので形だけでも残そうと思い書きました。


ガルーラ 意地H203 Aぶっぱ 残りS  石  捨て身 炎のパンチ 冷凍パンチ グロウパンチ
yjimage.jpg
このPTの主軸であり雑に投げても強い駒。受けループにつよくしたくてこのような技になっているけど正直オフでは受けループはほとんどいないので炎P切って地震や不意打ちがとても欲しかった。

化身ボルトロス 臆病CS タスキ  ボルチェン 10万 めざ氷 電磁波
642.png
取り敢えずスイクンに強くいざというときガブを頭から殺したりゲンガーに麻痺入れたいため採用。

ヒードラン 臆病HS 残飯  噴煙 大地の力 身代わり 毒々
yjimageXVEBO4C7.jpg
眠るがない耐久系やジャロ・ギルガルド意識で採用。正直この枠は相当怪しい。ミラー意識で大地入れました。

ランドロス 意地 チョッキ 実数値H188・S120残りB  地震 とんぼ 叩き 岩石封yjimageR08YJZJ5.jpg
岩石封じ1発で化身ボルト抜けるようにするため120になるように振り残りHBの調整。とんぼからガルーラorヌメルゴンを投げていくのが仕事。リザードンXY意識のチョッキとクレセだせないときのガブに対する受け先が主な仕事

クレセリア 図太いHB ゴツメ  サイキネ  電磁波 月の光 みかづきのまいyjimage4.jpg
ただの物理受け。取り敢えず硬いのとヌメルゴン・ガルーラの再利用のための三日月採用。ただれいとうビームは欲しいけど切りたい技がないのが厳しい

ヌメルゴン 控えめ 特性草食 メガネ 実数値H191・C168・S115  流星群 ヘドロ爆弾 大文字 10万ボルト
yjimageMCYWK33P.jpg
主にジャローダ 水・火ロトム ゲンガー ゴツメスイクン リザY 化身ボルト 霊ボルトの対策枠として採用。調整は瞑想スイクンになるべく上取れるような形をとりたかったのでS多めに振りました。CとSの調整ラインは忘れましたが基本ゲンガーの技は3発は耐える化物



【雑感】今シーズン始まってから使うの苦手なガルーラをうまく使えるように克服しようと思いガルーラを使うことにしました。PTどうするか考えた結果ガルーラで負荷かけやすそうなボルトランドと単純に組み合わせと相性がいいと言われるガルーラクレセドランの並びを組み合わせることに決めました。ただここ最近やかましい化身ボルト・ジャローダ・スイクンの増加・XYからずっといるゲンガー相手がどうしてもきついと考えこいつら3体と戦えそうなモンスターはいないかと模索した結果最後の枠にヌメルゴンを入れるという形でPTができました。

レートでは今シーズン1978くらいまでしか今のところこのPTでは行けなかったものの取り立てていい構築も思いつかなかったのでさいはてオフに持って行きました。オフを通してPTとしてはヌメルゴンが仮想的相手に後出しししっかり後ろに負担をかけて勝つことができるパターンが多く勝ちの多くをこいつの力で手に入れることができましたがガルーラ・クレセ・ヌメル・ボルト以外はあまり活躍しなかったので検討が必要なのかなと感じました。

これからこのPTやガルーラを使うかわかりませんがやっぱりガルーラはとても使いづらくて嫌いでした(笑

 

Posted on 21:59 [edit]

category: ポケモン

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。