09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ダメ計しないポケモン勢

昔は遊戯王やっていたXYからのシングルレート63ガチ勢

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2015

10/25

Sun.

第5回ポチャオフ3位入賞構築 霊ボルトハッサコントロール 

昨日行われた第5回ポチャオフで予選6-1からの予選抜けて3位入賞できたのでその構築を公開。(計8-2)以前今シーズン初めに似たような構築を使っていたのですがそれの改良版?いつものように会場でPT考えていたといった感じのものを持って行きました。構築名は適当にかっこよくしたいと思いこんな感じにしました(笑 コントロールって付けるとカッコよくないですか


ガルーラ 石 意地H203・Aぶっぱ残りS  捨て身 冷凍P 炎P グロパン

クレセリア ゴツメ HB図太い ムーンフォース 電磁波 三日月 月の光

ハッサム 石 腕白H175・Bぶっぱ・残りD とんぼ バレパン 毒々 羽休め

霊ボルトロス 眼鏡 CS臆病 10万 ボルチェン サイキネ 気合玉

マンムー 鉢巻 AS陽気 地震 礫 つらら張り ステルスロック

ローブシン チョッキ 意地 ドレパン マッパ 叩き落す 岩石封じ ペラさんのブログに書かれている調整をパクった個体を使いましたので調整に関しては此方参照で


ここから簡単な個別解説


ガルーラ  選出1回

対受けループや対害悪Pと当たった時に出す枠でよほどのことがない限り出さない枠です。実際オフでの選出も予選0回・決勝トナメも3決の時以外出しませんでした。技構成に関しては受けループや害悪意識なら雪崩とか欲しいところだけど普通のPTにもしかたなく出す場合も考慮して炎P・冷P採用の崩し性能重視のグロPに安定打点の捨て身といった感じです。3決の時オフで初めて出したから不安でしょうがなかった(笑


クレセリア 選出6回

ただの物理受け。起点になりやすくこいつの採用をカバルドンと悩んだけどみかづきのまいと両刀バシャーモ・ロトムへの後出しを考慮した結果しかたなくクレセリアになりました。技に関してはムンフォの採用が珍しいかもしれませんが悪・ドラゴン・格闘タイプなどに強くサイキネ・冷凍ビームで見たい相手にだいたい弱点をつけていいと感じたため採用しました。


ハッサム 選出8回

このPTの核となるモンスターの1匹。霊ボルトと合わせてとんぼでサイクルを回していきつつ自身が消耗してきたら羽やすめ・相手の裏とか読めたりわかってきたら毒々を入れて崩していく。オフでもよく聞かれたりしたのですがなぜHDじゃないんですか?という質問に対しての答えなのですがクレセリアがダメージを与える能力が低くクレセリアを入れるとサイクルの過程で負けるという試合も珍しくないのでもう1枠物理受け枠を用意したかったのとPT的にガブ・ガルーラ・霊ランド・マンムー等の物理に対しての後出しが非常に多くなるだろうと思いHBわんぱく個体を採用しました。実際HDはラティに対するあと出し性能という点を除けばほぼこちらの方が使い勝手がいいと思いました。


霊ボルト 選出9回

このPTの核となるモンスターの1匹。ハッサムと合わせて眼鏡ボルチェンで負荷かけて一貫作ったりしていく。技に関しては安定打点の10万・サイクル回すボルチェンにPT単位で思いナットレイを鎮めるための気合玉・ヘラやあんまオフでは見ないバナあたり意識のサイキネです。最速の理由はガルーラ等の100族の上からボルチェンをできるようにしないと運用しづらいと考えたためです。
オフでは出した試合全部初手でした。


マンムー 選出3回

タスキでの運用も考えたが威嚇入った状態でメガクチートを1発。H167ギルガルドを1発で仕留めたいと考えハチマキでの採用にいたりました。実際鉢巻は癖が強く運用しにくい部分がないわけではありませんでしたがギルガルドを1発で葬ってくれたりすることもありハチマキでよかったなって感じました。霊ボルト使うと電気タイプがめざ氷でつぶしに来る関係上ガブのような氷弱点を採用できない点とガブに仕事できる点もマンムーを採用しようと思った理由のです。ハチマキ持たせているのにステロ入れているのはサイクルPとやるときに必要な場面が出てくる可能性を考慮してステロいれました。


ローブシン 選出3回

構築の一番最後に入れた枠でこの5匹で重いウルガモス・ゲッコウガ・ポリ2に強くギルガルドとも戦える枠として採用しました。岩石封じを採用している理由はリザードンY・アロー・ウルガモスに対する打点とガルーラのSの補助を目的に採用しました。グロパン捨て身でガルーラにクレセを殺されたあとのストッパー役でもあります。



このPTは霊ボルトとメガハッサムで対面操作をしつつ霊ボルトやその他のモンスターでダメージをとっていくのが基本の動きです。ガルーラは基本的に受けループや害悪系のPT・どうしても出さないと勝てないと判断した時に出す様のモンスターです。選出率1割しかオフでも出していないようにこのPTはガルーラで選出誘導して霊ボルト・ハッサムで対面操作して詰めていくPTなのでガルーラは出さない方が基本的には勝てます。このPTギルガルドがほぼ出てくるといっても過言じゃないレベルで出てくるのでガルドの処理の仕方だけはしっかりしないと勝てません。

PT構築に関しては雑ではありますが以上になります。ポチャオフ運営及び参加者の方々楽しいオフをありがとうございました。

ポプチャンネルの撮影のあるオフ会であんぐらオフ優勝に続いて2連続優勝出来なかったのは悔しかったので次は優勝できるように頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

Posted on 08:46 [edit]

category: ポケモン

Page top△

2015

10/14

Wed.

ガルクレセ+トンボルサイクル 

今シーズン序盤に遊んでいた構築でレート2000が6人くらいしかいないなかレート1800まで勝率8割キープで行けたから可能性は感じたけどなんか違うPT使いたいし使う予定もないので簡単に書いてみました。


ガルーラ 意地H203・Aぶっぱ残りS  捨て身 冷凍P 炎P グロパン

クレセリア HB図太い ゴツメ サイキネ 電磁波 三日月 月の光

ハッサム HB腕白 石 とんぼ バレパン 毒々 羽休め

霊ボルトロス CS臆病 眼鏡 10万 ボルチェン サイキネ 気合玉

マンムー AD意地 チョッキ 地震 礫 つらら張り 叩き落す

ファイアロー HD慎重 ラム ブレバ 鬼火 羽休め 挑発


マンムーを陽気タスキステロの方が強いかもしれません。基本的にはガルーラはよほど出さないときつい時か受けループ以外には出さない方針です。ガルーラはいるだけでメタられるのでそこに合わせた選出をしてトンボルでサイクル回して勝つというのがこのPTの勝ち方です。なので基本的には霊ボルトかハッサムもしくは両方ほぼ出していました。ハッサムを出すとき毒々ととんぼどちらが勝ち筋として適切かを考えた上での使い分けが重要でそれ以外は特に難しいことはあんまりないかも。PT単位で水ロトムが重いので水ロトムだけは要注意。ヘラクレセはメガハッサム1匹で完封できることもよくありました。一応細かい調整をしている奴もいるのですが今回は割合しています。相変わらず思いつきの適当構築なのであんまり深く突っ込まないであげてください


Posted on 22:16 [edit]

category: ポケモン

Page top△

2015

10/01

Thu.

ほぼ勝てないPTと思ったとき 

よくレート潜っていて思うことにこのPT絶対とまでは言わないけどほぼ勝てないだろうと思ったときに自分の中でいくつか決めている(意識している)ことがあります。それは

①何の対面で交換読みを通すことができれば勝てるか(できれば回数も)
②積み技を使えるタイミング
③相手からの見え方

というのを考慮した上で勝ち筋を拾っていく。こんなことを考えています。なので相手の選出を読んで初手見て調整したりはするが基本ほぼ勝てないと思ったPTとやるときは自分の中で決め打ちしたかのような動きをすることもしばしば・・・。


詳しくは気が向いたり限りなくない需要があれば書くかもしれません。
-- 続きを読む --

Posted on 22:27 [edit]

category: ポケモン

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。