09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ダメ計しないポケモン勢

昔は遊戯王やっていたXYからのシングルレート63ガチ勢

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2016

10/10

Mon.

第2回めーぽけオフ3位構築(8-2) 対面厨P(ガルガブゲンアローボルトスイクン) 

はじめましての方ははじめましてSといいます。今回は第2回めーぽけオフで3位になった時のPT紹介記事となっております。PTの並び自体は動画のpart3の時とはなにも変わりませんがいくつか変更している点もあるので良かったら見てあげてください。

ちなみに対面厨Pを使った理由は当初マンダいれた受けループ使う予定だったが前日のブロック分けの段階で同じブロックにライドバトンを使う人がいることわかっていたため対面厨Pを使った。


【PT紹介】
ガル ガブ yjimageB1QW3WQI.jpg 
アロー 642.png yjimage06RARM7P.jpg


ガルーラ 意地 石  197ー192ー121ー×ー122ー136(メガ後)

秘密の力 ふいうち グロウパンチ 噛み砕く

ほとんどのPTに出す。ゲンガー対面で逃げたくなかったので噛み砕く採用。空元気採用しなかったのはメガした際にあとからゲンガー出てきたら役に立たないことがあったのと流石に噛み砕く・空元気両方採用する枠がなかったため噛み砕く優先。クチートに当倍以上で通る技はないが邪魔なクレセ駆除のためよく出していた。ゲンガー入りに出す際はゲンガーと1:1取るつもりで。もとはABガルで使っていたがHAS調整のガルに変更したのはキノガッサが重い点とガルガル対面ほぼ突っ張ることをしなかったのでABである必要性があんまり感じなかったのでBを削って最速ガッサ抜き抜き調整に変更した。





ガブリアス 陽気 鉢巻  183-182ー116ー×ー105ー169

逆鱗 地震 岩石封じ ステロ


以前この枠はスカーフガブだったがあまりにも出しにくい+PTの瞬間火力の足りなさが問題あるなと感じたため鉢巻に変更。霊ボルトやロトム系がいる場合にしか出せなかったが厨P系にも出せるようになったのでここの変更はプラスの意味で大きな意味があったと感じた。意地ではなく陽気で採用したのはクレセ入りにはステロダメ+逆鱗2発で9割くらいの確率で落とせる点と厨Pが出してくる初手ガブがよく意地鉢巻かタスキステロみたいなガブな点を考慮して維持ハチならガブ殺すか後ろ死ぬかの展開が作れて勝ちやすくタスキステロなら1チャン相討ち取れる可能性があることも考えて陽気で採用した。鉢巻なのに岩石封じ持ちなのはS操作要因も兼ねているため。





ゲンガー 臆病 ラムのみ 135ー×ー81ー182ー95ー178

祟り目 ヘドロ爆弾 催眠術 道連れ


ガルーラ入りにはほぼ出していた。初手ガルーラ同士からのひきさきでありガルーラの型判別が仕事。きつい時以外は交換読みでしか催眠は打たない様に気をつける。ラム持たせることでボルトロスに1ターン安全に行動できるようにした+カバルドン展開対策のラムのみ採用。ガルーラの素秘密麻痺で負けーっていうのをなくすことができたのも大きかった。





化身ボルトロス 臆病(非理想個体のため理想値記載) オボン 172ー×ー92ー158ー100ー179

10万 気合玉 電磁波 悪巧み 


マンダマンムーやナットレイ・ポリ2を強引に突破する枠。霊ボルト入に対しては選出を読んで出すときもあるがほぼ出さない。





ファイアロー 陽気 珠  153ー133ー91ー×ー89ー195

ブレイブバード フレアドライブ 剣舞 とんぼがえり
 


PT単位で重たいゲッコウガの処理ルートを増やしたくて最速とんぼ返りのアローを採用した。単に処理するだけならハチマキとかで・・・って思うかもしれないけどタスキを縦に返り討ちにあったり剣舞が欲しい場面も考慮しつつ火力確保したくてこのような構成になった。実際この変更のおかげで初手ゲッコウガに対してとんぼが安定になり非常に動かしやすくなった。




スイクン 図太い(非理想個体のため理想値記載) ゴツメ 207ー×ー176-110ー135ー113

熱湯 冷凍ビーム 毒々 眠る


調整自体は冷凍ビームがこごかぜの時のものをそのまま流用したものなので少しS振られているが特に困ることもなかったのでこのまま採用。こごかぜ使わないならHBぶっぱでもいいかなとは思った。基本物理受け兼耐久ポケを潰す枠として使いたかったのでゴツメ持たせて毒々眠る両方採用した。



実際この構築を使ってガルーラ入りには全部勝つことができた点についてはとても満足している。
構築上積みサイクル+サイクルみたいな形をとっているので強引に有利対面からの崩しやサイクルするときどうするかとにかく流れと相手の選出をピンポイント気味に考えて動くことが多かった。なので初手つり出しも選出の段階でゲームプランの1つとして組み込んで選出・プレイすることもそれなりにした。
負け試合が予選でバンドリ戦でのプレミと準決勝でミミロップ軸相手のメガネハイボ急所によるものだったので少し悔いの残る部分もありましたが取り合えず3位まで上り詰めることができた点については良かったと思いました。


【追記】

選出回数

ガルーラ 6回
ガブリアス 4回
ゲンガー 6回
アロー 6回
化身ボルト 4回
スイクン 4回



スポンサーサイト

Posted on 07:49 [edit]

category: ポケモン

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。