11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

ダメ計しないポケモン勢

昔は遊戯王やっていたXYからのシングルレート63ガチ勢

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2015

05/31

Sun.

選出やプレイング云々について思うこと 

自分がポケモンやっている中で考えていることを忘れないように書いておこうと思ったので書きます。自分がスランプに陥ったり伸び悩んだ時に過去にこういう試合をしたという経験を見直すためでもあります。※書いている本人が2100くらいしかレート行っていないので考え方が甘い・プレイング自体下手・粗いといった点はご了承ください。あと誤字や下手くそな文章構成などもお許し下さい


◆選出・プレイングについて

6匹から3匹選出する過程で自分が気をつけていること

1  自分と相手のPTを見て自分がどの程度有利か不利か?

2  相手のPTがどんなPTか?(受け回し主体・積みサイクル・対面構築・その他構築上の目的)

3  自分が不利な場合・有利な場合の試合展開・やらないといけないこと・やってはいけないことの整理

4  相手の型・持ち物・めざめるパワーの判別


主にここらへんを考えて選出を決めています。ここからは例えばの話※実体験

自分  ガブリアスAS陽気剣舞タスキ ヘラクロス意地AS クレセリア図太いHBゴツメ ヒードランHS臆病残飯毒 化身ボルトHB図太いオボン あと1匹忘れました><


相手  ボーマンダ ニンフィア 水ロトム キノガッサ ギルガルド カバルドン

のマッチングだとしたとき。起点作って積んでくる要因がボーマンダ・ギルガルド・ニンフィアで起点作れそうなのがキノガッサ・カバルドン・水ロトムだと感じました。ただこのPT見たときボーマンダ・ニンフィア・ギルガルドで積んで全抜きを狙うのは難しい※主にレート環境的にHB化身ボルトがとても多く電磁波やボルトチェンジで回されて積んでも負荷をかけにくい・HBスイクンが全抜きする過程であまりにもやっかいと判断。受けまわしの観点で見たときB方面強いカバにD方面強く負荷かけやすいニンフィアといる・耐久数値が結構高いギルガルドといるため。毒羽根マンダ・カゴHBニンフ(ドラゴンが重いように見えたため)・こだわり水ロトム(積み起点なら壁も考えられるが受けループへの崩し・こだわり技固定からの強引な起点作成を踏まえて)・タスキキノガッサ(単純に対面強く、なにかとごまかしがきくと判断)・ギルガルド剣舞物理型か毒みだと思うがただPT単位でカゴニンフとかがきつそうなので剣舞物理型予想)・カバルドンはHBゴツメと予想。単純にガルーラがゲロ重いため。
PT相性的には2:8くらいの割合で不利だと判断

自分のPT的にHBニンフには誰も対面勝てる奴がいません。勝つ方法があるとしたらタスキを盾にガブで剣舞地震で削ってヘラあたりで殴り殺すしか勝てる方法がありませんでした。そして初手にニンフが非常に出しやすく来た場合ガブリアスの後出しはもちろんニンフィアがめざぱ地面持ちの場合完封されてしまう可能性が高いことを考えて先頭はガブ・ニンフを削り切るのとガッサ・水ロトムに強く出やすくカバも2発で殺せるヘラクロス・この2匹では不安なボーマンダとカバに熱くするための草結び覚えさせているHB化身ボルトで行きました。

初手ガブ対ボーマンダから始まる。ボーマンダ目線だとガブが鉢巻なら威嚇込みでも落されることと自分の勝ち筋が剣舞をガブのタスキを残すか相手の交換読みに合わせるしかほぼいるであろうHBニンフを倒せないと判断しているのとここで剣舞してカバが出てきたときどうしてもマンダの威嚇と合わせてガブに逆鱗をうたされる・ニンフ出てきてガブの逆鱗継続してハイボくらって死んで負けが目に見えているのとガブに威嚇も入っていることからニンフに引いてくる可能性も考慮して拘りアピールするための地震選択。ボーマンダはメガ身代わりしてきました。

予想通り毒羽根でした。

ここで逆鱗や岩石封じ撃てば拘りアピールの意味がなくなるので即ボルトロスに引く。ここはガブを切ってくる可能性・こちらのボルトロスを削ってマンダを動かしやすくするため捨て身を打ってくると思ったため引く。

ボーマンダは捨て身をしてきました。

ここでの相手のアクションははねやすめをしてもめざ氷で身代わり割られて択が入るのとボルトロスを削ることを考えて動くならここは毒々か捨て身でボルトを削ってくるのとガブがボルチェンからボーマンダの前に出てきても拘りだと思われているため相手からすれば岩技か逆鱗が読みやすい盤面になると思ったのでボルチェン選択

相手のボーマンダに毒々入れられるもボルチェンで身代わり破壊しつつガブリアス出す。


ここで先ほど拘りアピールしているためボーマンダは逆鱗か岩技読みでニンフに引いてくるだろうと思い剣舞選択。


相手ボーマンダ引きからのニンフ出てくる。剣舞積むことに成功。


ここは流石にボーマンダが出てくることはないためガブ地震選択。


ニンフ赤ゲージにしハイパーボイスをタスキを使って耐える。


ここでボーマンダが万に一つ出てこられると非常に困るので岩石封じででニンフ処理。ボーマンダ出てきてガブを残すこと考えるがボルトロスの消耗抑えないとマンダに電磁波当ててヘラで殺すプランに支障が出ると考えたためガブを切る。ボルトロスを出す。


裏に引かれることも考えたがもし居座られて捨て身でも喰らうようなら負けだと思ったため電磁波を選択。


ボーマンダ麻痺に成功。ボーマンダ麻痺する。ここはさっさとマンダ殺しに行ってラス1電磁波でいいだろうと考えてめざぱ氷したらガッサ出てきてポイヒだった。めざ氷が6割くらい入ったのとこっちのボルトが最速ガッサは抜けるようにしてあるためめざ氷選択、ボーマンダ出てきて直撃して勝ちました。


なんとかきついなか勝てたがニンフをす眠りまでヒードランで追い込むとか方法は色々とあったかもしれないが万に一つのめざぱ地面がちらついてそれができなかった。この内容だけ見るとちょいちょい相手に甘えたプレイングをしているが正直相手の見方の面について甘える位しかなかったと思う。


長々と書きましたが自分はこの試合を通してゲームプランや相手の型を読む力はほんとうに重要だなって再認識しました。またなんかこのような自分の大戦で為になりそう・記録として残しておきたい試合があればその時どのように考えてこのような行動したかを書き留めたいと思いました。















めざめるパワーについてほぼ触れてなかったので少しだけ。自分は電気タイプのめざぱ氷の以外は基本ウルガモスのめざパがだいたい読める程度の能力しかないのでここらへんしっかり読めるようにしたい。

ウルガモスのめざぱ地面はPT単位でヒードランが重いかどうか・氷はドラゴンがどの程度PT単位で重いかくらいでしかまだ判断できません(泣
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 19:13 [edit]

category: ポケモン

Page top△

コメント投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://sinnmeiryuu.blog93.fc2.com/tb.php/3746-e7cf2d47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。