11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

ダメ計しないポケモン勢

昔は遊戯王やっていたXYからのシングルレート63ガチ勢

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2015

09/07

Mon.

第35回あんぐらオフ優勝 ボーマンダ入り受けループ 

9月6日に行われたあんぐらオフというポケモンのオフに参加してきた時の構築をいつものように雑ーに書いてみました。引越準備で忙しいのでいつも異常に手抜きですがそこは見逃してください(><)

まずは簡易使用PT

ボーマンダ 石 陽気AS  捨て身タックル 身代わり 羽休め 龍の舞
ゲンガー 石 臆病HS   ヘドロ爆弾 祟り目 鬼火 道連れ
ラッキー 奇跡 図太いBCD調整  地球投げ 電磁波 卵産み サイコキネシス
カバルドン ゴツメ 腕白HB 地震 氷の牙 毒々 怠ける
スイクン カゴの実 図太いHBS調整 熱湯 冷凍ビーム 瞑想 眠る 
ナットレイ 残飯 腕白HBS調整 パワーウィップ やどりぎのたね 電磁波 ステルスロック


以下個別の調整理由などの紹介

ボーマンダ 陽気ASぶっぱ

受けループに採用されることのあるボーマンダは慎重HD等の耐久ベースのものが多いですがなぜ今回陽気ASの個体採用及びこの技構成なのかの理由についてですが陽気での採用は先にメガさえしてしまえばメガしていないゲンガー・ジャローダ等受けループで相手するうえでめんどくさいラインのモンスターをある程度縛ることができる点・メガ後ガルーラと同速対決を仕掛けることができるという理由が主な理由でガルーラと同速であるメリットはないのではないか?と思われるかもしれませんが此方のモンスターの攻撃技でラッキーのサイキネ以外の技をガルーラに1発入れられれば捨て身で飛ばせることとこちらのモンスター1匹に捨て身1回打たせるだけでマンダの捨て身圏内に入ることも珍しくないのとスイクン相手にナットレイを選出できないパターンも珍しくなくそうなった場合スイクンを素眠りまで追い込んで捨て身2発(HBぶっぱだと中乱数くらいのはずですが)で飛ばしに行くことができることを踏まえての陽気ASで採用しました。技構成については捨て身は先ほど述べた理由からも確定で身代わり・はねやすめ・龍の舞についてですが周りの面々がマンダの身代わりや龍の舞のサポートできることとPTの都合上化身クレセリアやHBポリゴン2等の耐久系のモンスターは選出されにくい・しづらいので龍の舞1回で全抜きもできることが多いので採用・羽休めは耐久にこそふっていないが数値とタイプを生かしての受け出し性能が高く受け出す機会も多く回復させられる機会も多かったので採用しました。ナットレイだけだと腹太鼓馬鹿力が怖すぎるので腹叩かせてマンダで処理なんてパターンも珍しくありませんでした。


ゲンガー臆病HSぶっぱ

基本的にガルーラやニンフィア対策を始めその他PT的にきついやつを強引に1:1交換するための枠として採用。技構成に関しては安心の打点のヘドロ爆弾ときついやつ処理用の道連れ・サイクル回す上で強い鬼火にマンダ以外は状態異常を負けるモンスターで固まっているのと自身も鬼火・ヘドロ爆弾での毒を考えて最大打点の祟り目を採用。耐久などの調整に関しては単に突発的な急所による事故や少しでも受け出せる機会が欲しいと思いHSにしました。


ラッキー図太い Bぶっぱ C実数値67 残りD

技に関しては電磁波・たまごうみ・地球なげは説明不要だと思うので省略させていただきます。サイコキネシスに関してはPT的にメガゲンガーがしんどくなりがちなのと身代わり・挑発ゲンガーと戦えるようにするためにサイコキネシスでH167メガゲンガー身代わり確定破壊とあとよくあと出しで出てくるキノガッサに対して無振りキノガッサ42.9%~51.8%入るくらいの火力を確保しました。基本ゲンガー・ボルトロス・ジャローダ・瞑想スイクン・ニンフィアいたら大体出しています。ほろびのうたメガゲンガーは死んでください(><)


カバルドン腕白HBぶっぱ

技に関しては最大打点の地震と回復技の怠けるまでは確定にしていました。以前この6匹の並びで自己最高レート・最終順位を
更新したときはステロ・あくびで採用していたのですがボーマンダに打点がないのとガブリアスへの処理速度を意識して氷の牙を採用・毒々は耐久系のモンスターで粘られるとだるいことやHDサンダーが重いことからカバで毒々を入れてラッキーなどでうまく粘って周りを消耗させて勝つっていう勝ちパターンを作りたかったので採用しました。別のPTでカバルドンのSを4振りクチート抜きとかで使ったことあるのですがメガバシャーモのとびひざげりやクチートのじゃれつくの乱数やそもそも4振りクチート抜きカバ抜き調整のクチートとかいてあまり意味をなさないことが多かったのでHBぶっぱにしました。


スイクン図太いH実数値205 Bぶっぱ 残りS

以前身代わり瞑想スイクンで使っていた個体をそのまま使ったためこのような調整に・・・。ただ耐久ラインをそこまで落とさずクレセリアより上が取れているのでそこまで困ったことはない
技構成などに関しては特に説明いらないと思いますが凍える風ではなくれいとうビーム採用の理由はSはほとんど触れていなく凍える風当ててもあんまりメリットがないことやガブや受け出しで出てくるジャローダに少しでも負荷かけたいため冷凍ビームにしています。


ナットレイ腕白実数値H181 B198 S42 残りD

耐久面に関してはDに振ってもめざぱ炎等の弱点つかれる技は大ダメージ受けるのとゲンガー・カバを出せない時のガルーラを
見る枠としての採用でもあるので意地グロウからの地震確定(のはず)ラインまでHBに振って電磁波で100族まで抜けるようにS42まで確保しています。技に関してはロトム入りやサイクルP相手に主に選出してステロ巻きからじわじわ消耗させて勝つための枠としてステロ・よく受け出しで出てくるバシャやアローに対してSを落とすための電磁波・耐久系モンスター相手にするのと自身の回復のためのやどりぎで対スイクン・マリルリ・ギャラ・ヌオーあたり意識でのパワーウィップとなっています。


元々はこのPTはS9の最終日に自分が使ったhttp://sinnmeiryuu.blog93.fc2.com/blog-entry-3723.htmlこの構築をカバの技構成変えただけのものなんですがマンダ入構築が使いたい・ガルーラ・バシャを結構対策していてガブ・ゲンガーにそこそこ対策しているであろうPT・今までの経験からオフ会では受けループ対策が甘いことが多いという理由でこの構築を使いましたがオフでの実際の対戦や対戦していただいた方の話だとラッキーが無理という方が9人中3人くらいいたりオニゴーリ入りと当たらなかったりとマッチングに助けられたところもありましたがそれなりにあっている構築を持っていくことができてほんと良かったとおもいました。

ただロトムとボルトロスは結構だるい相手でしっかり型を読んだ上での対応をしていかないといけなかったのでそこは気をつけていかないといけないなと改めて感じました。

それでも決勝でひどいプレミを一つやらかしました(ライフ5割ちょいの残飯火ロトムに捨て身1発目のダメージから見てあのプレイングは完全に舞い上がっていたとはいえ有り得ない・絶対身代わりかラッキー下げが安定)が予選5-1からの最終的には成績8-1で優勝できてとても満足できました。

あんぐらオフ参加者及び運営の方々楽しいオフ会どうもありがとうございました(><)


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 20:39 [edit]

category: ポケモン

Page top△

2015

12/14

Mon.

22:27

S #- | URL | edit

Re: タイトルなし

コメント気がつかず返信遅くなってしまいましたがナットレイのBに関しては実数値194です。誤った表記申し訳ありません

 

2015

11/24

Tue.

03:02

 # |  | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 

コメント投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://sinnmeiryuu.blog93.fc2.com/tb.php/3813-f1915bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。