11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

ダメ計しないポケモン勢

昔は遊戯王やっていたXYからのシングルレート63ガチ勢

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2015

09/15

Tue.

S11最高レート2007 トノラグマンダ 

S11はメインロムはボーマンダ入り受けループ・サブロムの方はトノラグマンダを使っていたのでトノラグマンダの方もせっかくだし形にしようと思って書きました。レート1600くらいから使い始め最終日1857から3時間くらいで2007まで行って最終的には1960ちょいくらいの構築でした。メインロムの結果と比べるとお粗末なので簡易紹介的な感じで


PT紹介


ニョロトノ 控えめ 眼鏡  なみのり ハイドロポンプ 冷凍ビーム 気合玉  実数値H191・D128・Cぶっぱ・端数B

>控えめリザYのソラビに対して88パーくらいの確率で耐える調整でHぶっぱしない理由としてはCライン落とすとなみのりを打つ際の乱数が変わるポケモンがいくつかいてそのためこのようなへんな調整になりました。なぜ脱出ボタンではなく眼鏡なのかという理由については単純に単体での性能をあげたかったのと火力確保が理由です。技構成はハイパーボイスが欲しい場面もあればハイドロポンプでよかった場面とあってちょっと困った。ただ基本的には火力重視のハイドロポンプは強かった場面も多かったのでこれでよかったかもしれない。よくラグとは出さず単体で選出して重いクレセリアやポリ2等の耐久ポケを大海原に吹き飛ばしてくれました選出率は1位。 


ラグラージ 意地 石  地震 滝登り 冷凍パンチ 守る  メガ時実数値H179・S118・Aぶっぱ・端数B

>某雨Pの実況者の方が使っていた調整(Hのラインしか知らないからHの調整だけパクった)で技もう少し耐久欲しい感じもしたけどすいすいで抜ける範囲も増えて一長一短かなと思った。たまにタイプの優秀さを生かしてトノと出さず単体選出もしました。選出率は2位


ボーマンダ 陽気 石  捨て身タックル 身代わり 羽やすめ 龍の舞  ASぶっぱ端数H

>PT単位で抜き性能高いの欲しい+ジャロに強い奴と思いマンダをこのようなかたちにしたが正直無邪気両刀の方が絶対強かったです。構築単位でマンダが重くてしょうがなかった。選出率は5位


ローブシン 意地 チョッキ(鉄の拳) ドレインパンチ マッハパンチ 叩き落す 岩石封じ  実数値H211・Bぶっぱ・端数D 

>調整に関しては陽気猫捨て身はほぼ耐える調整のはず。鉄の拳で意地HBの調整にしているのはパンチ系の技の火力を意地と同じ火力を確保しつつBラインの確保がしたかったためこのような調整になりました。技に関してはよくアロー・リザードンが格闘技やはたき読みで受け出しで出てくるので岩石封じがとても生きる場面が多かったです。叩き落すは冷凍パンチに変えてガブに対してもっと仕事ができるようにしてもいいかと思いましたがガルドが重いので正直決め兼ねてしまったので叩きのままにしていました。選出率は6位


火ロトム 控えめ オボン オバヒ 10万 ボルチェン 電磁波 実数値H150・C169・S118・端数D

>元々は眼鏡個体で使っていたものの流用でSラインをだいたいの眼鏡ロトム・スイクンを抜けるラインまで振りCはほぼぶっぱに近いくらいまで振り残りHという感じに調整しました。よくジャローダ・マンダ入りに対して選出しラグラージやマンダ・トノのサポートが仕事でした選出率は3位


ナットレイ 呑気 ゴツメ  タネマシンガン ジャイロボール 宿り木 電磁波 HBぶっぱ 端数D

>スイクンに強くゴツメ枠として機能しそうなのと思い探した結果ナットレイになりました。調整に関しては昔適当に育成していたものの流用なので特別な理由はありません(笑 種マシンガンよりもパワーウィップが欲しい場面の方が多かった(ハートのウロコ取りに行くおがめんどくさかった)。あとステロもとても欲しくて困りました。


天候Pで重くなるガルーラを強く意識してこのような形にしましたが基本的にガルーラ入りの構築にはトノから入りガルーラに初手グロウか猫を打たせてナットレイで強引に狩るプランが多かったです。雨降っているのでグロウからの炎P打たれても相打ちに持ち込めますしトノ引く読みでスイクンとか出てくることが多かったけどナットレイなんでちゃっかり有利対面取れることも多かったのでよくガルーラ入りには初手トノからのトノ・ラグ・ナットが多くそれが基本選出で相手PT次第でそこからロトム・マンダ・武神を組み合わせていくって選出をしていました。ただクチート入りに厳しいことが多く(主にジャロ・ガッサ・ポリ2のうち2体が一緒にいることが多いため)交換読み交換などの択を仕掛けていかないときついところや受けループ対策ほぼないのがこのPTの欠点だと思いました。

最後に天候Pというものをほとんど使ったことなかったのもありレート自体2007がこのPTでの最高と満足できる結果ではなkったのでS12以降もし活躍できる可能性があると感じたら今度はしっかり考えて組んでいきたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 19:44 [edit]

category: ポケモン

Page top△

コメント投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://sinnmeiryuu.blog93.fc2.com/tb.php/3815-1db91d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。