11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

ダメ計しないポケモン勢

昔は遊戯王やっていたXYからのシングルレート63ガチ勢

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2016

01/19

Tue.

第36回あんぐらオフ優勝【2連覇】 ボーマンダ入り受けループ 

1月17日に行われた第36回あんぐらオフで優勝した時のPTについていつもように大雑把ではありますが書きました。


ボーマンダ 石  陽気A252 D4 S252

yjimage51L8N9A1.jpg



捨て身タックル 龍の舞 身代わり はねやすめ


ゲンガー 石  臆病H252 C4 S252

yjimageB1QW3WQI.jpg


祟り目 ヘドロ爆弾 道連れ 鬼火


カバルドン ゴツメ 腕白H252 A4 B252

yjimageUCOPPBNI.jpg


地震 氷の牙 怠ける 毒々


ラッキー 奇跡 図太いB252 C52 S44 D162

yjimage11.jpg


地球投げ 電磁波 卵うみ サイコキネシス


ナットレイ 残飯  腕白H252 B204 D42 S12 

yjimagePTI48GT2.jpg


パワーウィップ 電磁波 やどりぎのたね ステルスロック


スイクン カゴの実 図太い H252 B198 S60

yjimage06RARM7P.jpg


熱湯 凍える風  眠る 瞑想


前回のあんぐらオフ優勝した時とメンツは同じだけどラッキーの努力値とスイクンの努力値・技を少しだけいじりました。


前回からの変更点

ラッキーのS実数値を76まであげたのはクチート入りのPTと対戦したときラッキーを捨ててカバを出すといった動きをする時がありその過程で電磁波負けているかいないかの差が大きくそれが原因で1勝足りず前回の社オフ(使用PT少し違う)で33位の予選落ちを経験してしまいその反省とメガクチートはガブの地震の乱数の影響でH151ないしは153までしかH削れなくて残りSという話を聞き、それを抜ける76にしようという理由でSライン実数値76にし、Cラインの調整にそこまで大きな意味一応(メガゲンガーの身代わり破壊や挑発・道連れゲンガーに戦えるようにとの意図はあります)を感じなかったのでCをその分減らしました。

ちなみにこれが変更前+各個体の詳しい個別紹介です→ 変更前


スイクンの調整に関しては剣舞ガブにタテられるという事態を防ぎたくれいとうビームだとガブに耐えられてしまうため凍える風に変更しSラインをこごかぜ1回で最速ガブ抜き調整にすることでガブに対する安定性が上がってとてもよかったです。実際この調整に変えてからガブ入りの構築に対する立ち回りやマンダ入の構築にも非常に動きやすくなりました。HDアローもすごい楽になったのも○


一応少しだけですが基本選出・プレイングを書いておきます。

基本選出・プレイング

対ガルーラ入り対面構築 ゲンガー・カバルドン・ラッキー・スイクンから3匹。ただし相手のPTにボルトロスがいない場合に限りボーマンダも選択肢に入ります。化身ボルトは悪巧み持ちがよく出てくるのでゲンガーで麻痺もらってもいいから強引につっぱり残り2匹でしっかり詰めていく感じ。麻痺ったゲンガーは使い方が肝心です。

対サイクルP  ボーマンダ・ナットレイ・カバルドン・ラッキーから3匹が多い。どうしてもゲンガーでしか処理できない奴がいる場合に限りゲンガーを出していました。基本的にはナットレイで早い段階でステロ巻いてサイクル回して無茶させたところを崩していく意識で回しています。ダメージレースに負けないように回復技のないゲンガーの選出は控えるようにするのが大切。

対クチート入り  ボーマンダはよほどのことがない限り出しません。ゲンガー・カバルドン・ラッキー・スイクンから3匹が多い。取り敢えずカバが消耗しやすいのでカバのHP管理が大切。この構築にいるボルトロスはボルチェン持ち・ゴツメボルチェン・挑発持っているボルトが多い。

対ヘラ入り  マンダかゲンガーはほぼ絶対選出。あとは周り見て何出すか判断。ヘラ入りのボルトはクチート入りほどではないがボルチェン持ちが多いのでそこには気をつける。ヘラを倒すか取り巻きを崩すかをしっかり選出の段階で決めておくことが大切。


等などほかに大雑把にですがは基本選出みたいなのは決まっていますし色々と個別にめんどくさいモンスターの処理方法とかもありますが全部書くのはあまりにも大変なのでツイッターID: @sinnmeiryuu3391 まで直接リプなりしてくれればお答えします。


今回の第36回あんぐらオフではガルーラ入り対面構築とめちゃくちゃあたりそしてほとんどの構築に化身ボルトロスがいましたが皆メガゲンガーで化身ボルトロスを殺しに行き、ガルーラ入り対面構築を葬っていきました。ダメージ計算を回せばわかるのですがほぼ今のHDオボンボルトロスはC振っていないメガゲンのヘドロ爆弾で確定3発・1発目で毒引ければ次の祟り目で葬れる+相手の10万は確定3発なので決して不利な対面ではなく相手も逃げないのでいい感じに殺せるという点に気がついたのが大きかったです。逃げれば相手に負荷がかかる+メガゲンガーと対面しているため交換できないと相手にとって悪いことづくめなため
ゴツメスイクンはほぼ出てこないのでゴツメだと思ったら出てこない読みでいつも切っていました。

レートではS9・S11と2100超えでともに最終順位2桁到達+最高レート更新・あんぐらオフ35回・36回の2連続優勝(2大会合わせて16勝3敗 負けの内訳が運負け1・零度1発直撃・絶対無理な奴がいた1)と微妙に技や努力値の調整が入ったりしましたが6匹のモンスターは同じ物を使ってここまで勝てたのはとてもよかったです。※S10・S12はほとんど使っていないのでノーカンで(笑

今後この構築を使うかどうかは定かではないですがいつまでもこの構築にすがっていては次のステップに進めないなと考えているのでしばらくこのPTを封印してより良い記録を出せるように頑張りたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 19:37 [edit]

category: ポケモン

Page top△

コメント投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://sinnmeiryuu.blog93.fc2.com/tb.php/3821-ebf21883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。